「時間とお金の自由を手に入れる」 「コミュニケーションスキルアップ」を習得する術

  • 2020年11月19日
  • 2021年6月19日
  • Brain
「時間とお金の自由を手に入れる」 「コミュニケーションスキルアップ」を習得する術

「時間とお金の自由を手に入れる」 「コミュニケーションスキルアップ」を習得する術

koichi
2020-11-19
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

前回投稿の「あがり症・プレゼン力克服」に続き、第二弾投稿です。

これこそ本来の「自己ブランド」ではないかと、

個人的に思うところがあります。


もしかすると一度の人生、生きていく上での悩みの大半は

「人間関係」が絡んでいると、私は半世紀以上生きてきて実感します。


まず冒頭、先日ユーチューブ動画等で話題になった、

Nizi Project(ニジプロジェクト)

韓国人プロデューサー「JYパーク」氏のメンバー選考での

采配手腕に、私はとても感動しリスペクトしました。


彼のプロジェクトオーディション応募者個人選考の際に

発する言葉として、時には否定し貶し、それを克服した際の

メンバー候補の努力を称えるというか称賛するあのコメント。


まるでライオンの母親が、子供を一度崖に突き落とし、

這い上がってきた際にそれ以上に愛情を注ぐかのように。


そして極めつけは、あの少し大袈裟とも思える感動ジェスチャーが、

メンバー候補のやる気、モチベーションを高めたのではないかと

勝手に思いました。


「リーダーシップ」というワードにも繋がる感ありですが、

これからスタートするであろう「一大プロジェクト」に

向かっての、「夢」「ビジョン」「任務」の意思疎通を

はかるための、「戦力的コミュニケーションスキル」は

半端ないと実感しました。


ちなみに余談ですが、彼の素敵な発言

「ひとりひとりが特別じゃなかったら、この世に生まれてこなかったはず」

by「JYパーク」氏


長かった前置きはこの辺で・・・


「コミュニケーションスキルアップ」


下記は企業が、人材採用選考時に重視する要素トップ5

・第5位 「誠実性」

・第4位 「協調性」

・第3位 「チャレンジ精神」

・第2位 「主体性」


そして堂々第一位が「コミュニケーション能力」です。

過去16年連続で、しかも第二位の「主体性」よりも

20ポイント上回っているとか・・

※一般財団法人 日本コミュニケーション能力認定協会データ


あなたが思う「コミュニケーションスキル」が高い人の要素とは何でしょう?

・対人不安、対話不安に上手い長けてる人

・対話不安対策が上手い、処理が上手い、感情が安定している

・自分なりのストレス対策が上手い

・自身開放性が高い



そして、あなたが思う「コミュニケーションスキル」が高い人で、

まず思い浮かぶ人は誰でしょう?


・・・・・・

・・・・・・


チッチッチッチッチッチ


おそらくあなたもご存じなはず。

『踊るさんま御殿』というトークバラエティ番組

で、トークの達人司会の「明石家さんま」氏。


以前の番組内でのトークエピソードです。


某有名俳優がゲスト出演していて、とある

感動エピソードを話している際に、まず第一声

「なんだその話し方は!!誰も聞く耳もたれへん、

コミュニケーションとられへん・・」でした(笑)


彼の持論です

「オーバーなくらいでええねん。その方が楽しいやろ。」



その後のさんまさんの“お手本リアクション”が最高でした。


カメを飼っているという出演者に対し、

「かかか、かめ~?!!」と思いっきり驚いて見せるさんまさん。

見ているこっちまで楽しくなります。


そうこれも彼のひとつの戦略。

視聴者を引き付ける、距離を縮めるスキルです。


「楽しいほうがええやろ~~~」

さすが、座右の銘“生きてるだけで丸儲け”ですよね。



そして、私が思う「コミュニケーションスキル」に長けている

もうひとかたは。


・・・・・

・・・・・


チッチッチッチ


「タモリ」氏です。


今では看板番組での活動も終了されていますが、

当時のエピソードで私が感じたことです。


当時とある雑誌で「タモリ」さんのインタビューコメント

拝見した際に、私の心に残った言葉です。

「様々な思考、価値観があるからこそ、世の中は面白い」


タモリさんの「コミュニケーションスキル」例として

「多数の引き出しを持っている」に尽きると思います。


あのゲストトークで、話題の共通性を引き出す話術は、

多くのジャンルの知識を豊富に持っているからにすぎません。


そして、話題の縦展開、横展開を広げるのが非常にうまい。


例えば、

何々が美味しい

どこどこがオープンした

こんな本が面白かった

どこどこでこんなイベントがある

等々。


広く網を投げる 相手がどんな話題に食いつくのか・・「観察力」


自己開示はこちらから行う。

そして、ほど良い「相づち」と、時にはオーバーリアクションも大事。

相手が話をしたいと思わせる、話していて気持ちいいとさせる「共感能力」


「相手の興味に興味を持つ」

「相手を変えようとしない」

相手の話をとにかく聞くこと」


私がタモリさんから学んだこと

“会話上手は聞き上手”


そしてさらに「コミュニケーションスキル」習得の極意

『ビックリする』する!!


「ビックリする」を会話に取り入れるようになって、

私は大きく分けて2つの変化が起きたことに気づきました。


一つが「相手の方との距離感がグンと縮まったこと」

そしてもう一つが、『自分自身の状態』です。


ビックリするだけで、何より自分が楽しく会話に入り込めるのです。

人の感情は相手に移動します。


いつも楽しくしていれば、その”楽しい感情”は目の前の方に移動し、

もちろん会話も盛り上がります。

大切なことは、“どうしたら自分の状態を上げられるか”ということ。


自分自身がとことん楽しむことが、会話上手のコツなのだと改めて

さんまさん、タモリさんから学びました。

ぜひあなたも、“ビックリ”をコミュニケーションの中に

取り入れてみてください。



さてここからは少し専門的な見地を含め、投稿していきたいと思います。

改めて「コミュニケーション」とは、言葉だけでなく、

他者へ与える影響であり、他者を理解すること、

そして自分自身を理解すること。


つまり、人間関係を築くための必要不可欠な要素なのです。


その必要不可欠な要素であれば、誰だってスキル・能力アップしたい・・と

思うことは、より良い人生にしていくうえで当然なこと。


そのコミュニケーション能力の基本は、下記4つに分類されることが多いです。

「協調性」「聴く力」「質問する力」「説明する力」


まずは「協調性」

これは誰しも当たり前のように捉えられているはずです。

「協調性」が欠けていれば、コミュニケーションは図れません。


私がお勧めしたい「協調性」のレベルアップは、

どんな場面でも、雰囲気を重視する癖をつけること。

言い換えればいわゆる「空気を読む」


後でも触れますが「俺が俺が、私が私が」では絶対に人は離れていきます。

よく「場数を踏む」と言いますが、趣味などのサークル活動や、

最近ではリアル対面ではありませんが「オンラインサロン」等で、

訓練を兼ねて色々なシチュエーションを体験するのが良いでしょう!


そしてこれもまた癖をつけると効果絶大の、

会話の際に「相手の懐に入る」です。


これは天性の生まれつき上手い人もいると言われていますが、

相手に好印象を与える、好印象を残す行為です。


何気ない会話の中でも、話がつながる

「2プラス」「3プラス」を、積極的にとりいれる。


この「2プラス」「3プラス」ですが・・・・

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG