【バスケ・動画あり】入るシュートフォームの共通点(レール理論)

  • 2020年2月23日
  • 2020年3月9日
  • Brain
【バスケ・動画あり】入るシュートフォームの共通点(レール理論)

【バスケ・動画あり】入るシュートフォームの共通点(レール理論)

三原学
2020-02-23 20:01:38
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

はじめに

突然ですが、あなたはシュートが得意ですか?

または指導者の方ならば、シュートを教えるのが得意ですか?

この答えが「No」という方、けっこう多いと思います。

バスケットボールは点を取るスポーツですので、シュートが入らなければ勝てません。パスやドリブル、ディフェンスや走ることなど、いろいろありますけど、それらは結局「シュートを入れるため」のプロセスに過ぎないのです。

ところで、シュートの上手な人とは、そうでない人と何が違うのでしょうか?答えは「正しいシュートフォームを身につけている」ということです。フォームが正しいから成功率も高い。すごく簡単なことです。

わたしは自分のシュートフォームを確立しているので、シュートが入りますし、教えることもできます。ちょっとだけ動画をご覧ください。

https://youtu.be/x-OKmFml1lc

それであれば、なぜ多くの指導者は「正しいシュートフォーム」を教えないのでしょうか?ちゃんとしたシュートフォームを今まで一度も教えてもらったことがないという選手が多いのはなぜでしょうか?

それは「シュートフォームは教えるのが難しい」からです。もっと言えば「何が正しいシュートフォームなのかがよくわからない」ということです。

シュートが良く入る人はたくさんいます。でも、みんな個性的です。1人として同じシュートをする人はいません。みんな少しずつ違います。

だから「共通した正しいフォーム」というのをピンポイントで見つけるのが困難なのです。これは多くの選手を教えて、たくさんのプレイを見た経験がないと、わからないことです。

今回、本書をまとめたのは、わたしの指導者人生の集大成として「正しいシュートフォーム」が何かわかったからです。それを10年前の自分に向けて「こういうことなんだよ」と教えてあげるように書きました。

もし10年前のわたしと同じように、「正しいシュートフォームが何かよくわからない」という指導者の方がいたら、お役に立てると思い、まとめました。またこれを読んでくれているあなたが現役の選手だとしても、きっとお役に立てるはずです。

「先生、まったくの初心者がバスケを始めたとして、何から教えたらいいですか?」という質問があれば、わたしは迷わず「そりゃシュートのフォームですよ」と答えます。本書が、みなさんのバスケットボールのお役に立てることと信じています。

文章の解説に加えて、動画もあります。動画を見ることで、良いシュートフォームが身につく練習法をわかりやすくお伝えしています。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG