【売上250万円突破】ココナラで売上を上げる為にやった事

  • 2020年2月10日
  • 2020年7月4日
  • Brain
【売上250万円突破】ココナラで売上を上げる為にやった事

【売上250万円突破】ココナラで売上を上げる為にやった事

mediaquery
2020-02-10 13:56:51
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

※この商材はnoteと同等の内容になっています。

https://note.com/mediaquery/n/n44fafac41fd7

得意を売り買いできるフリーマーケット「ココナラ」。

「出品したけど、なかなか売れない。」

「手数料が高めで低単価だから、利益が出せない。」

と、伸び悩む方も多いと思います。

ココナラの出品は始めるハードルは低いですが、他の出品者との競争が激しく、勢いで出品してもなかなか売れるまで苦労するのが実情です。

私の本業はエンジニアで34歳の既婚男性です。少しお金に困ってるときに奥さんに紹介されたココナラを2017年8月より副業としてスタートしました。

約2年続けて、累計売上はようやく250万円を突破したので、今までの経験をそろそろアウトプットしてもいいかなと思い記事を書くことにしました。

念の為アカウントを公開すると「mediaquery」と申します。

2020年2月1日時点の累計売上実績です。

ココナラの売上公開
・2017年:73,000円
・2018年:1,046,782円
・2019年:1,262,254円
・2020年:109,616円(現在)

私は当初からあまりモチベーションが高かったわけじゃないので、割と片手間に作業をしていてこの実績が残せたので、良いほうなんじゃないかと思います。

この記事を読むことで、ココナラで売上を上げる為にやるべきことを抑えて、今日からでもチャレンジして頂ければ幸いです。

この記事は本編は有料になりますが、私のブログで「ココナラで副業する上で稼ぐコツ3選」という記事を無料公開しております。この記事はまだ触りだけの内容になっており、本記事ではかなり深堀されています。

なお本記事は、ココナラ初心者(シルバーランク以下)の方が対象です。今からココナラを始めようと思ってる方でも、全然遅くない内容となっています。もちろん、プラチナランクの方でも読み応えある内容となっています。


さて、本題に入る前にWebマーケティングの施策について知っておきたい理論があります。有名な理論ですが知らない人の為に「AISASの理論」というマーケティングモデルがありまして、どんなWebサイトもこの理論で成り立っているということを頭に入れておきましょう。

ココナラもこのAISASの理論を応用して施策を打っていくと、自然と数字が付いてきます。ココナラ用に要約すると...

AISASの理論を代用したココナラの販売施策
1) 出品ページを見てもらう為の施策→認知(Attention)
2) 出品ページを開いて興味を持ってもらう為の施策→関心(Interest)
3) 他と比較して価値が高そうと思ってもらう為の施策→検索(Search)
4) この出品者にお願いしたいと思ってもらう為の施策→購買(Action)
5) SNSでシェアしたりブログで紹介されやすい施策→共有(Share)

(1)〜(3)までの潜在層を育てながら、(4)〜の顕在層になってもらう為の施策がこのノウハウのメインコンテンツとなります。(5)まで行ったら最高ですが、リピート注文するようになるだけでも(5)に近い状態と言えます。

さて、AISASの理論は分かったところで、この理論の前に大前提となることをお伝えします。

「何を売るかで勝敗の9割は決まる」

ということです。

どんなにWebマーケティングの戦略を練っても、購入者のニーズを満たす魅力的な商品でない限り、認知(Attention)という土台にも乗れないということは覚えておいてください。

ココナラのユーザーは「自分にできないスキルを、誰かに頼みたい。」という目的を持ってサイトに訪れています。ですので、ニーズがある商品を売っているという前提でこのノウハウを読んでほしいと思います。

なお、このノウハウでは「何を売るか」というニーズの部分には一切触れてません。そこについては、自分で考えてください。っと突き放すのも不親切かと思いますので、強いてアドバイスするならば以下3点。

・自分が得意なことでないと続かない
・でも需要がないと買われないので市場調査を入念にする
・競合が多ければ多いほど、AISASの理論を使って差別化を図る

CtoC(個人対個人)の多いココナラでは、自分の時間を削ってお金を稼ぐパターンが大半かと思いますので、自分が得意でないと日に日に苦痛になり続きません。それと、どんな市場も需要と供給で成り立っているので、供給の多いレッドオーシャンで成功するにはそれなりの戦略が必要です。

それと、情報商材をココナラで売ることを考えてる人は、むしろnoteで売った方がいいです。というのも、ユーザー数が圧倒的にnoteの方が多いからです。母数の強さはどう転んでも勝てない部分ではありますので。

ユーザー数公式発表
note:アクティブユーザー数2000万人(2019年9月発表)
ココナラ:会員登録者数130万人(2019年12月発表)

圧倒的に違いますね...ただ一つだけ言えるのは、ココナラはデザイン系やプログラミング系のカテゴリの需要が高いことは分かっています。

以上のことを踏まえた上で、この記事ではAISASの理論を軸にどうしたらココナラで売上を上げることができるかを解説していきます。

目次

認知(Attention)
1) プロフィールで最も意識すべきこと
2) 最初はとにかく〇〇〇〇数を伸ばす
3) 2種類のSEOを最適化をする秘策

関心(Interest)
4) 売れる出品ページの作り方
- サービスタイトルの作り方
- サムネイル画像の作り方
- サービス内容の作り方
- ペルソナを考えてみる
- 見積り・カスタマイズの誘導法

検索(Search)
5) 比較されても負けない戦略
- 競合のチェックは欠かさない
- 差別化の具体的な方法
- 出品サービス分析を活用する

購買(Action)
6) 購入の意思決定のポイント
- 実はかなり重要なある数字
- 購入者が気にしてしまうこと
- こういうユーザーは要注意

共有(Share)
7) 拡散したいと思わせる方法
- シェア率をグンと上げる方法

それでは本編に入ります。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG