【Python】LINE Messaging APIの解説

  • 2020年2月1日
  • 2020年4月6日
  • Brain
【Python】LINE Messaging APIの解説

【Python】LINE Messaging APIの解説

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

LINE BOTをPythonで作るときは、LINEが公式に出しているline-bot-sdk-pythonを利用するのが一般的ですが、line-bot-sdk-pythonには日本語のドキュメントがありません。

この記事では、SDKを利用したコード例(flask-kitchensink)を中心に解説します。

flask-kitchensinkの解説

https://github.com/line/line-bot-sdk-python/blob/master/examples/flask-kitchensink/app.py

上記のコードを順を追って解説します。

わかりやすくするために、コードの順番を一部変えていますので、ご注意ください。

例1.テキストメッセージを受け取った時にそのままオウム返しする

@handler.add(MessageEvent, message=TextMessage)def handle_text_message(event):    text = event.message.text    if text == ......    else:       line_bot_api.reply_message(           event.reply_token, TextSendMessage(text=event.message.text))

まず一行目の部分は、ユーザーからテキストメッセージを受けとったとき...という意味です。例えば、画像メッセージを受けとったときと処理を分けたいのであれば、別の部分にまた

@handler.add(MessageEvent, message=ImageMessage)

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG