年200冊の本を読む方法

  • 2020年2月2日
  • 2020年3月6日
  • Brain
年200冊の本を読む方法

年200冊の本を読む方法

きくっち
2020-02-02 02:36:51
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

突然ですが,本ってすごいと思いませんか?

著者がものすごい時間と手間ヒマとエネルギーをかけて,場合によっては命や人生を賭けて経験した膨大な知見やノウハウが,1冊にコンパクトにまとまっているのです。

SNSも大変有効ですが玉石混交が激しい。プロの編集者や出版社によって精査された良質な情報を効率よくインプットする意味で,依然として本は「最強のアイテム」と思います。

インプットなくして,アウトプットなし。

いくつになっても読書などでインプットして学び続けない限り,発言や行動、つまりアウトプットが進化,成長することは難しいでしょう。

そんなことは,誰しもわかっています。読書の有用性,必要性はよくよくわかっているけれども,なんせ現代人は忙しい。

私も以前は年40冊くらいしか読めませんでしたが,2019年,1年間で200冊の本を読みました!

1ヶ月15冊くらいなので,ざっくり2日に1冊ペース。

断っておくと,私は1日8時間フルタイム勤務のサラリーパーソン。妻と共働きで,家事や2人の子どもの育児もしており,日々の生活に追われまくっていて,時間の余裕感はまったくありません(汗)

読んだ本の冊数に雑誌や漫画は含まず,ビジネス書から小説までジャンルは様々ですが,いずれも200ページ程度以上のボリュームはあります。

以下は,私が読んだ本のうち印象に残った一例です。さらっと読みやすい本もありますが,硬派でガッツリ読み応えがある本もけっこうありました。

・「メモの魔力」(前田祐二 著)
・「健康の結論」(堀江貴文 著)
・「革命のファンファーレ」(西野亮廣 著)
・「自分を操る超集中力」(メンタリストDaiGo 著)
・「マチネの終わりに」(平野啓一郎 著)
・「たゆたえども沈まず」(原田マハ 著)
・「嫌われる勇気」(岸見一郎 著)
・「ない仕事をつくる」(みうらじゅん 著)
・「君に友だちはいらない」(瀧本哲史 著)
・「実行力」(橋下徹 著)
・「夜と霧」(ビクトール・フランクル 著)
・「残酷すぎる成功法則」( エリック・バーカー 著)
・「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか」(山口周 著)
・「好き嫌いと経営」(楠木建 著)
・「自己啓発をやめて哲学をはじめよう」(酒井穣 著)

なぜ,年40冊から年200冊,つまり5倍も読めるようになったのか?

いわゆる速読術など,特別なスキルをマスターしたからではありません。

恥を忍んで白状すると,私は10年くらい前から速読や多読を追い求めてきた「速読難民」でもあります(汗)

以前,10万円も払ってフォトリーディングという速読術(1秒間に1ページのペースで本をめくって読む方法)を受講したこともあります。
が,どうも私はうまくマスターすることができませんでした。フォトリーディングの悪口を言うわけではありません。うまくマスターした友人もいます。たまたま私がダメなだけです,たぶん......涙

そんな凡人の私が,1日何時間も気合いと根性で読みまくったわけでもなく,ある読書法を実践したことで,楽しく,楽チンに読書量が増えました。

(ビフォー)1年で40冊 →10年で400冊 →30年で1200冊

(アフター)1年で200冊 →10年で2000冊 →30年で6000冊

年月が経てば経つほど増えていく!今後どれだけたくさんの素晴らしい本と出会えるだろう!と考えるとワクワクしませんか?

この読書法という最強のツールを手に入れたことで,人生の可能性が何倍にも広がった気すらします。

さらに,この読書法に習熟すると,年300冊,400冊と増やしていくことも可能と思います。(2020年の目標は300冊!)

お断りしておくと,「10〜30分で1冊読める!」とか,超簡単であやしい魔法のような「易行(いぎょう)」ではありません。
ある程度の「時間の投資」は必要です。世の中,そんなうまい話はありません(笑)

ただし,それは,夜中に眠い目をこすりながら頑張って何時間も読書したり,フロー状態のように集中して目次を中心に飛ばし読み(スキミング)とかする類の「難行(なんぎょう)」でもありません。

たとえるなら,この読書法は,「速読術などのテクニカルでクールなスキル系」と「読書時間を確保して気合いと根性で読みまくるホットな努力系」という2大ビルの隙間に建つ,「淡々と無理なく実践できるユルい仕組み系」。

「たくさんの本を読みたい!」「でも,忙しくて読書の時間がなかなか確保できない!」という方にこそ,ぜひオススメしたい方法です。

前述のフォトリーディングはじめ,これまで速読や多読をマスターしようとして試行錯誤して投資してきた時間と金額は考えたくもなく(苦笑),「もっと早くこの読書法を知っていれば!人生が変わっていたかもしれない!」と思うほど。
10年前の私に出会ったら,「数万円出してでも買っとけ!」と強制購入させるでしょう。

というわけで,現在はBrainがスタートしたご祝儀相場ということで1000円にしていますが,徐々に値上げしていく予定です。

私だったら,数万円出してでも買いたい情報なので,最終的にはそれくらいの価格をイメージしています。

なぜなら,圧倒的に読書量が増える! →圧倒的にインプットが増える! →圧倒的にアウトプットが変わる! →圧倒的に人生が変わりうる! と考えれば,死ぬまで一生使える圧倒的に汎用性の高い情報であり,ぜんぜん元が取れる安い買い物ではないでしょうか?

現在,5000字程度。

誰でも実践・応用できる読書法の紹介に加えて,今後は私自身が工夫している細かい方法などについても具体的に追記していきたいと思います。

さて,前置きはこれくらいにして,読書法を紹介しましょう。その読書法とは…

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG