数億円の価値があると言われているコピーライティングの教科書

  • 2020年11月30日
  • 2021年2月28日
  • Brain
数億円の価値があると言われているコピーライティングの教科書

数億円の価値があると言われているコピーライティングの教科書

けーた
2020-11-30
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

こんにちは!けーたです。

こちらのレポートは「永遠に使えるコピーライティング」というテーマで作成しています。

この永遠に使えるコピーライティングを学ぶことで、

・ブログコピーに困らない

・自分の商品が売れるようなる

・紹介したいアフィリエイト商材が売れるようになる

など、コピーライティングに関するノウハウを凝縮して紹介しています。

ぜひ実践してアナタのコピーライティングに役立ててください

もくじ

第1章:コピーライティングの概要

コピーライティングとは?

コピーライティングの重要性

第2章:コピーライティングの原則

読みやすい文章を書く

結論は最初に書く

コピーの内容は一貫させる

光景が浮かぶ言い回しを使う

第3章:購入までに立ちはだかる心理の壁

4つのNOTとは?

聞かない壁.

読まない壁

信じない壁

行動しない壁

第4章:興味、関心を引き出す広告文の原則

ヘッドコピーとは?

ヘッドコピーにおける2つの原則

できる限り短い文章で伝える

感覚的な言葉や想像しやすい言葉を使う

興味を示す人の選別

読者のスクロ-ルアクション対策

サブヘッドコピーにおける7つのポイント

ヘッドとサブヘッドを読むだけで購入させる

フックとなる言葉を散りばめる

広告文に役立つ情報を含める

第5章:信用を勝ち取る広告文の原則

共感、信用を得るための3つの要素

主張に理由を添える

重要ポイントは、言い回しを変えて何度でも伝える

断定的な言い回しを使い、自信の強さを見せる

あえて商品の欠点を公表する

自己反論と論破

保証と自信

権威効果の利用

物語を入れると真実味を増す

客観的資料の提示と証拠

自分の家族や恋人に見せられる広告を作る

第6章:行動を起こさせる動機付け

読者を行動させる2つの原則

緊急性と希少性のアピール

類似体験と損失感

押し売りしない、相手に行動を起こさせる

商品メリットを最大限に伝える

小さなYesを積み重ねる心理誘導

購買ギャップ理論

前向きな言葉を使って未来に希望を抱かせる

知覚のコントラストの利用

第7章:心に響く言い回しの法則

一貫性を保ちたい心理を利用する

帰属集団意欲

文中で「あなた」と語りかける

人間が持つ17の強い欲求

物を買うときの2つの思考回路

脳は思考を短縮したがる

質問をぶつけることで脳を強制稼働させる

追伸の4原則

広告本文で特に強調したい内容を改めて書く

おさらいとして、本文で書いたことの要点をまとめる

本文で伝えきれなかった補足情報を書く

個人的な思いや願いなど、人間味ある言葉を伝える

第8章:リサーチ&ターゲティング

リサーチの重要性

ターゲットを絞り込む

取り扱う商品を基準に考える

自分が集客しやすい属性から考える

間口を広く取るか、狭めるか

どんな切り口でターゲットを攻めるか

どんな文章展開で訴求するか

読者の将来性を軸にする

商品ないし販売者の実績を軸にする

保証内容を軸にする

権威を利用できる人物を軸にする

第9章:コピーライティングに使えるテクニック

第一文は第二文を読ませるためにある

端数価格と名声価格

QUESTフォーミュラ

Qualify(約束する)

Understand(理解、共感を示す)

Edubate(教育)

Stimulate(購買意欲を刺激する)

Transition(行動を起こさせる)

問題意識の深さ「OATHの法則」

Oblivious(無知な状態)

Apathetict(問題に無関心な状態)

Thinking(問題を意識して考えている状態)

Hurting(強い苦痛を感じている状態)

読者を文章に引き込むGDTの法則

G:Goal(目標)

D:Desire(願望)

T:Teaser(悩ます、焦らす)

最後に

 おまけ:入れ替えるだけで強烈な文章に変化する単語リスト

第1章:コピーライティングの概要

コピーライティングとは

コピーライティングとは「商品の広告・売り込みの文章を書くこと」を意味します。

 

コピーライティングは、

 

・人々の心に長く残るもの。

・読み手の購買意欲を高め、行動を起こさせるもの。

 

この2つに分けることができます。

 

前者は、テレビCMや雑誌などの狭い広告欄に「数秒~数十秒で商品の印象を残すこと」を重視しています。

 

後者は、商品の説明などに使われ、「どのようにして購買意欲を高め、購入へ導くのか」を重視しているのです。

 

【永遠のコピーライティング】では、ネットビジネス等で活用できる、

 

・読者の購買意欲を高め、行動を起こさせる。

 

こちらを学んでもらいます。

 

コピーライティングの重要性

商品を売るためには、コピーライティングのスキルが必要不可欠です。

 

商品の良さを効果的に伝え、読者の購買意欲を高める文章が書けなければ、

 

どれだけ良質な商品であっても、興味を持ってもらうことができません。

もちろん、興味を持たれないと商品は買ってもらえないのです。

 

ですので、コピーライティングはとても重要なのです。

 

第2章:コピーライティングの原則

商品の購入に繋がる広告文を作るためには、3つの原則を守る必要があります。

 

・読みやすい。

・メッセージが一貫している。

・描写が具体的で想像しやすい。

 

この3つが原則となります。

 

また、次の3つの要素も備わっていなければなりません。

 

・広告文を読みたいと思わせる興味・関心を湧かせる。

・商品説明と販売主が信用できると思わせる。

・今すぐ購入する動機を与える。

 

この3つの要素です。

 

読みやすい文章を書く

文章は大前提として、読みやすさが大切です。

 

文章が読みづらいと読み手にストレスを与え、途中で読まれなくなります。

そうなると、商品を購入してもらうまで読み手を導くことができません。

 

文章の読みやすさはコピーライティングの命なのです。

 

読みやすい文章を書くための要点は、

 

・適度に改行を入れる。

・一文を短くする(回りくどい言い回しは必要ない)。

・中学生でも読める漢字を使う。

 

この3つです。

 

常用漢字を使うことも、読みやすい文章をつくるためには大切です。

 

読めない漢字があれば、読み手はストレスを感じ、読む気をなくしてしまいます。

 

中学生でも読める常用漢字を使うようにしましょう。

 

結論は最初に書く

伝えたい内容の結論は、最初に書くことで文章を理解しやすくなります。

読者の脳内に「スキーマ」が呼び起こされます。

 

「スキーマ」とは、知識の枠組みのことをいいます。

 

たとえば、

 

・平べったい。

・広いところだと使いやすい。

・周りに人が多いと困る。

・風が弱いと訳に立たない。

・走りながら使うと安定する。

 

これらを見ても、何についての特徴を書いたのかはわからないと思います。

 

では、「たこあげ」という単語を意識して、先ほどの特徴を再度見てください。

それぞれの文が、「たこあげ」の特徴について説明することで、すんなり理解できます。

 

あなたの脳内に「たこあげ」のスキーマが呼び起こされたからです。

最初に結論を書く目的も、スキーマの呼び起こしと一緒なのです。

 

最初に結論を書くことで、「あっ、これから書くことは○○についてのことだな」

 

と読み手に考えてもらえます。

 

○○のスキーマを呼び起こし、読み進める文章を○○と結びつけて考えます。

 

ですので、読者が文章の内容を理解しやすくなるのです。

 

コピーの内容は一貫させる

購入率の高い広告の特徴は共通してメッセージに説得力があります。

 

コピーライティングは、「まだ購入意欲の低い読み手に語りかけ、購入行動を起こさせる」ことが役割になります。

 

つまり、言葉の力を使うことで、読み手を説得しているのです。

 

メッセージに説得力を持たせるためには、内容に一貫性が必要です。

 

ころころと自分の意見を変える人の言葉は、信用することはできません。

 

そのような人が「これは良い商品だから、買わないと損ですよ」と言ったところで、誰かを説得することは不可能なのです。

 

これは広告文の世界においても同じです。

 

メッセージの軸がぶれていたり、内容に矛盾があれば、読者からは信用されません。

結果的に、広告文の説得力はなくなってしまいます。

 

一貫性のある広告文を作るコツは、「始まり」と「終わり」の主張をそろえることです。

 

そうすることで、中間にある文章の内容も、一貫性のある文章へとそろっていきます。

 

光景が浮かぶ言い回しを使う

人が意識を引き込まれる文章は、「情景描写が具体的で想像しやすい」という共通点があります。

情景とは、いわゆる光景です。

光景が想像しやすい文章は、

・具体的で明確。

・互換を刺激する情報が豊富。

2つの要素を持っています。

 

例として、ショートケーキの描写を具体的にしてみます。

 

まずは、抽象的な説明文を使いつつ、互換を刺激する情報が少ない場合です。

 

「ショートケーキを口に含むと、ホイップクリームとイチゴの味が広がった。それらが柔らかいスポンジケーキと合わさり、絶妙な味を生み出している。とても美味しい」

 

次に、具体的な説明文と五感を刺激する情報を文章に入れてみます。

 

「ショートケーキを口に含むと、濃厚な生クリームの香りが鼻腔に広がった。ホイップ栗-六は、ふわっふわに柔らかく、舌がとろけるほど甘い。たっぷりと太陽の光を浴びたみずみずしいイチゴを噛みしめると、程よい酸味の果汁がジュワジュワッと溢れ出す。途端、爽やかな香りが爆発するように鼻腔を駆け抜けた」

 

どうですか?

具体的かつ五感を刺激する文章の方が情景描写も分かりやすく、想像しやすくなったかと思います。

 

このように、具体的で五感を刺激する文章を入れることで、読者を引き込むことができます。

 

第3章:購入までに立ちはだかる心の壁

4つのNOTとは?

読者を商品購入へと導くためには、超えなければならない壁が4つあります。

 

・開かない壁(not open)

・読まない壁(not read)

・信じない壁(not believe)

・行動しない壁(not act)

 

この4つの壁を全て越えなければ、商品を買ってもらうことはできません。

 

それぞれの壁について説明します。

 

開かない壁

たとえばメールで商品を宣伝するとします。

 

その場合、受信者がメールを開封して、はじめて広告文章を見てもらえます。

 

ですが、開封の前段階で読み手の興味を引けないとそのまま放置されます。

 

それが開かない壁に該当します。

 

開かない壁を越えるには、

 

・興味深いキーワードを入れる。

・ニーズに一致する商品メリットを明記する。

・人間心理が動く言い回しにする。

 

などの要素を盛り込み、中身を思わず読みたくなるように仕向ける必要があります。

 

思わず読みたくなる言葉は、主に7つに分けることができます。

 

・代名詞:あなた

・新規性:新しい、最新、斬新、新技術、革新的……など。

・意外性:ありえない、考えられない、予想できない……など。

・緊急性:○日以内、○日後に締め切り、今すぐ、早急に……など。

・希少性:たった1つしかない、希少な、レアな、残り○個……など。

・ベネフィット:読み手のニーズに関するキーワード……など。

 

7つのキーワードをタイトルなどに含めることで、読者の興味、関心を引き寄せることができます。

 

読まない壁

次に超えるべき壁は、読まない壁になります。

 

読者は、あなたが紹介する商品にほとんど興味はありません。

書かれていることをサラッと流し読みして、内容を把握しようとするのです。

 

文章に興味が惹かれなければ、続きを読みたいとは思ってくれません。

読み手はブラウザをバックさせて、別のことをはじめるに違いありません。

 

「読まない壁」を超えるためには、読者の心に引っかかるキーワードを広告全体に散りばめることが重要です。

 

具体的に説明すると、読み手のニーズを満たすための商品メリットを明記するのです。

 

たとえば、ダイエット商品を紹介したとします。

ダイエット商品といっても、どの属性を狙うかでアピールする層は変わります。

 

・20代を狙うのか。

・30代を狙うのか。

・お腹まわりのダイエット希望者を狙うのか。

 

まずは読者の属性を決め、読者が反応しそうなキーワードを散りばめます。

キャッチコピーの例を挙げるなら、

 

「お腹まわりのタルミが気になっている30代の女性に朗報!

このダイエットサプリを3週間食後に飲むだけで、

キュッと引き締まったウエストが手に入ります」

 

ターゲットの関心を惹くためには、明確なメリットを盛り込む意外にも、手軽さや感覚的な言葉で訴えること効果的です。

 

読者の関心を刺激すること、購入意識を高めることができます。

そのためには、商品メリットを羅列したブレッドの作成や、魅力的な小見出しを書いていきます。

 

信じない壁

次に立ちはだかる壁は、信じない壁です。

 

読者が心に抱く、「この商品紹介、買って損しないだろうか?」という不信感と不安感です。

これを解消できないと読者は商品を買わずに離脱します。

 

不信感、不安感を解消するためには、

 

・客観的なデータを見せる。

・過去の実績を載せる

・権威者の推薦文をつける。

 

というように、商品の信憑性を高める方法が効果的です。

 

行動しない壁

行動とは、読者が商品を購入するときの「購入までの手間が面倒」という感情です。

 

客観的なデータや権威者の推薦文を信じても、購入をためらう読者は多いです。

 

「後で判断しよう」と一度離れてしまえば、その読者は戻ってこないと考えてください。

 

ですので、購入まで後押しする必要があるのです。

 

有効とされる方法は、

 

・商品の希少性をアピールする(個数限定)

・制限時間を設ける(期間限定)

・値上げを匂わせる(安く買える機会の損失)

 

具体例を挙げますと、

 

「この商品は先着10名様まで!」

「○日で販売は終了します」

「もう間もなく値上げします」

 

要するに、「この瞬間に買わないと、あなたは何か損をする!」という恐怖心を読者に思わせるのです。

 

恐怖心を利用する以外にも、保証をつけるという方法も効果があります。

 

最も強力な保証は、全額返金保証です。

これなら、購入者は絶対損はしないからです。

 

第4章:興味、関心を引き出す広告文の原則

ヘッドコピーとは?

読者が商品広告を読んでみたいと思うかどうかは、ヘッドコピー(大見出し)で変わります。

 

ヘッドコピーの役割は、「この商品広告を読んでみたい!」と読者に思わせることです。

 

ヘッドコピーの出来具合で、商品が購入されるか否かの最初の分岐が起こります。

 

それほど、ヘッドコピーの役割は大事なのです。

 

ヘッドコピーの2つの原則

ヘッドコピーを書くためには、守るべき2つの原則があります。

 

・できる限り短い言葉で伝える。

・感覚的な言葉や想像しやすい言葉を使う。

 

それぞれについて説明します。

 

できる限り短い言葉で伝える

ヘッドコピーは短ければ短いほど優れています。

ほとんどの読者は、最初から広告を読む気はないからです。

 

だらだらとした長文が書かれていたら読むのが面倒になり、ページから離れてしまいます。

 

できるだけ短い言い回しを使い、読者の負担を減らす必要があるのです。

ですが、短ければ何でも良いというわけではありません。

 

伝えるべきことをきちんと書いた上で、言い回しを変えたり、文章を短くするなどの工夫を行うのです。

 

感覚的な言葉や想像しやすい言葉を使う

読者を引き付ける文章は、「感覚的な言葉が使われいて、光景を想像しやすい」という共通点があります。

 

ヘッドコピーにも、感覚的で想像しやすい言葉を使うようにしましょう。

注意すべき点は、感覚的な言葉を盛り込みすぎると、文章が長くなってしまいがちです。

 

スッキリとした文章構成を前提とし、感覚的な言葉を使いましょう。

 

興味を示す人の選別

どのようなヘッドコピーにするかによって、引き付けられる読者が変わってきます。

 

例えば、アフィリエイトの教材を販売したいとします。

ヘッドコピーの内容を、「インターネットを使って月10万円を稼ぐ方法」とすれば、副業で稼ぎたいという人が反応してくれるでしょう。

 

「アフィリエイトで月10万円を稼ぐ方法」としたら、アフィリエイトで稼ぎたいと思っている人が反応してくれるのです。

同時に、アフィリエイトで稼ぎたいと思っている人しか、反応してくれません。

 

つまり、アフィリエイトを知らない副業希望の人たちを、取りこぼすことになるのです。

 

では、より多くの人を対象にしたヘッドコピーにすれば良いのか、といえばそうでもありません。

 

範囲を広くとれば、どうしても抽象的な言い回しになるので、興味を示す人の質が下がります。

 

それに対して、「アフィリエイト」というキーワードに引かれて、広告を見てくれた読者は、アフィリエイトで稼ぎたい意欲が高いです。

 

そのような読者にアフィリエイトの教材を販売すれば、購入率は高いでしょう。

 

ヘッドコピーの段階で、範囲の広さは十分注意をしてください。

 

読者のスクロールアクション対策

読者が広告文を読むときは、上から順番に一文ずつ読むわけではありません。

たいていの読者はスクロールバーを動かすことで、広告をざっと眺めて気になる部分だけ拾うようにして読みます。

 

この拾い読み対策のために、サブヘッドコピー(小見出し)を広告内に散りばめるのです。

 

サブヘッドコピーの部分は、太字・赤字にします。

そうすることで、読者はサブヘッドコピーの部分でスクロールの手を止め、その部分を読む確率が高くなります。

 

サブヘッドコピーにおける7つのポイント

サブヘッドコピーは、

 

・読者が興味を引かれるようなキーワードを盛り込む。

・重要であったり、強調したい部分を打ち出す。

・読者の考えを先取りしそれを書く。

・警告や疑問を打ち出す。

・疑問に対する結論を書く。

・自ら商品に対する批判を加える。

・話の切り替わりに使う。

 

上記のようなときに使います。

 

共通して言えることは、「読み手の興味を引き、読み飛ばした部分も読みたくさせる」です。

 

サブヘッドコピーの作り方は、ヘッドコピーの作り方と同様に、新規性、反社会性のキーワードを使っていきます。

 

ヘッドとサブヘッドを読むだけで購入させる

読者が広告文を読むときは、最初から最後までしっかり読むことはありえないと思ってください。

 

普段はサラサラと眺め、自分が気になった見出しやキーワードを拾い読みする程度なのです。

 

目立ちやすいヘッドコピーやサブヘッドコピーに目を留めてから、はじめて読者はじっくり読むべきか検討します。

 

ですので、ヘッドやサブヘッドを読むだけで購買意欲を刺激できる、強力なキーワードを盛り込むことが必要なのです。

 

強力なヘッドコピーやサブヘッドコピーを作る場合は、

 

商品メリットを何百個と書き出した中から、強力と思えるものを上から順番に選び出していく

 

という方法がオススメです。

 

この方法を行うことで、商品のメリットを具体的に把握することができますし、後のブレッド作りにも役立つことでしょう。

 

フックとなる言葉を散りばめる

フックとは、読者の心にとって特に気になるキーワードのことです。

 

たとえば、エヴァンゲリオンファンであるなら、初号機や人類補完計画というキーワードを聞けば、「おっ、エヴァの話か?」と思わず反応を示すでしょう。

 

読者の心を引きつける特定のキーワードがフックになります。

 

フックを広告文に散りばめることで、特定の読者に興味を持たせ強烈に引きつけることができます。

 

フックが多ければ多いほど、読者は広告文に夢中になることは間違いありません。

 

フックの見つけ方ですが、読者に感じる情報を徹底的に調べるしかありません。

読者のことを知らないままでは、どの言葉がフックになるかわからないからです。

 

購入率の高い広告を作りたいのなら、読者と同じ生活を実際に送ってみましょう。

 

「10代の女性向けの商品を売りたいのなら、

10代の少女が使いそうな言葉を使い、

10代の少女がしそうな化粧もやってみる」

 

極端な例ではありますが、実践しているうちに10代の少女の考え方や完成が感覚的にわかるようになってきます。

 

強力な広告を作りたいのなら、ライフスタイルをマネしましょう。

広告文に役立つ情報を含める

広告文を書く目的は、商品の購入させるため読者を導くことです。

そのためには、読者の意識を文章へ引き込ませないといけません。

 

そこで、読者の役立つ情報を広告文全体に散りばめましょう。

役立つ情報に引かれ、読者は文章をどんどん読み進めます。

 

商品そのものに、強い興味がもたれなくても、文章を読んでもらえるのです。

 

文章を読んでもらうことで、広告文全体に散りばめられた強力なキーワードを目にします。

そこで、商品そのものに興味を持ち始めることも十分考えられます。

 

広告文全体に読者にとって役立つ情報を盛り込みましょう。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG