20000字で徹底分析!TikTok完全攻略マニュアル //YouTuberにもおすすめ

  • 2020年9月20日
  • 2020年10月27日
  • Brain
20000字で徹底分析!TikTok完全攻略マニュアル //YouTuberにもおすすめ

20000字で徹底分析!TikTok完全攻略マニュアル //YouTuberにもおすすめ

kei
2020-09-20
2 件のレビューがあります
平均スコア 4.5


✔️販売実績
2020年7月1日 35部突破!ありがとうございます、、!
✔️アップデート情報
2020年2月7日 11:15 リンク不備を修正いたしました。


はじめまして!keiと申します。

まず僕の簡単な経歴ですが、ざっくり下記の通りです。

(1) 料理系TikTokアカウント開設後約1ヶ月で1万人フォロワー獲得 (顔出しなし)

(2) 2週間前に開設した別ジャンルのアカウントでも現在5000人フォロワーを突破 (顔出しあり)

追記:(2)のアカウントは開設3ヶ月後には30,000人フォロワーを突破しました。

今回の記事では、顔出しなし/声出しなし/特別なスキルなしの僕が、短期間で1万人フォロワーを獲得できたポイントはどこにあるのかを本気で分析しました!そして、そのデータをすべてみなさんに公開いたします。

よくあるネット記事のようなTikTokのトレンド/成功事例をまとめたものではなく、僕が運用している2つのアカウントのデータ分析を基にした具体的な内容で、みなさんのTikTok運用にもすぐに活かせる超実践的な内容となっています。

ちなみに、僕が数百時間を注ぎ込んだTikTok運用の経験と知識をすべて盛り込んだ結果、文字数としては約20000字にも及びます。「TikTokで伸びるアカウントの仕組みを理解して、本気でアカウントを伸ばしたい」という方にはぜひ読んでいただければ、必ずお役に立てると思います。

もちろん、文字以外にも図やグラフも20個以上使用して解説するなど、できるだけみなさんが読み疲れないように工夫してあります。

そして、この記事は単なるデータの分析だけでなく、「それをみなさんが具体的にどう活かしてアカウントを伸ばしていくか」まで結論づけてお話していきます。

僕はその分析結果を参考にして新しい(2)のアカウントを運用した結果、(1)のアカウントよりもさらに短期間でフォロワーを伸ばすことができています。なので、このアドバイスはきっとみなさんにとっての再現性も高いと思います。本当に全力ですべてお伝えする気持ちで書きましたので、ぜひ参考にしていただければと思います!

では、早速はじめていきます!


※記事の本編では(1)のTikTokアカウントは公開しておりますが、(2)のアカウントにつきましては顔出しをしている関係でデータのみの公開とさせていただきます。

【導入編】

(1) TikTokでフォロワーを獲得することのメリット -YouTubeに誘導できる?-

(2) TikTokのプラットフォームとしての特徴 -他のSNSと異なる点-

【本編】

(3) 僕の運営アカウントの公開

(4) 僕が1ヶ月でフォロワー0人から1万人を達成する過程の振り返り

(5) 伸びるコンテンツと伸びないコンテンツの比較分析 -最重要視すべき指標は?-

(6) 2つの最重要指標を伸ばすためのアカウント運用方針

(7) TikTokで悩むポイントにすべて回答 -投稿ジャンルの決め方/動画の長さ/音楽の選び方/ハッシュタグの選び方/コメント欄の管理/投稿時間帯/縦画面or横画面?/毎日投稿の必要性-

(8) これをやっちゃうと何を発信しても伸びなくなる! -絶対にしてはいけないたった1つのこと-

(9) YouTubeへの誘導の仕方は?

(10) まとめ


【導入編】

みなさんがTikTokのアカウントを伸ばしたい理由はなぜでしょうか?

もちろん様々な理由があると思いますが、おそらく一番多い理由は「YouTubeへ誘導するため」ではないでしょうか。かくいう僕もYouTubeへの誘導目的でアカウントを運営しております。

では、実際にTikTokで獲得したフォロワーの何割をYouTubeへ誘導できるのでしょうか。

これはTikTokで発信している他のYouTuberや、自分が運営している2つのアカウントを参考した肌感覚ですが、TikTok内で獲得したフォロワーの約1割を誘導できると捉えておくといいと思います。(もちろん濃いファンがついていれば1割以上流れてくれます)

僕の2つのアカウントでもTikTok経由から約10%はチャンネル登録に繋がっています。
(2)のアカウントでは顔出しをしているため、顔出しなしのアカウント(1)よりもフォロワーのファン化が進み、誘導率は上昇している印象です。
YouTubeで登録者1000人というと、もちろんアカウントによりますが広告収益で数万円、うまく自分の商品の販売につなげれば数十万円も狙える数字です。
TikTokを1ヶ月頑張ることでそのスタートラインに立てると思えば、正直めちゃくちゃコスパがいいですよね。

ただし、このようにYouTubeへユーザーを誘導できるのは、2つの条件を満たしている場合に限ります。

それは、「TikTokとYouTubeのコンテンツの軸が一貫していること」「適切なタイミングで適切な誘導方法を取っていること」2つです。


①「TikTokとYouTubeのコンテンツの軸が一貫していること」

まず、「TikTokとYouTubeのコンテンツの軸が一貫していること」についてですが、これはイメージしやすいと思います。

TikTokでは十万人以上のフォロワーを獲得し、プロフィールにYouTubeへのリンクを記載しているにも関わらず、チャンネル登録者は数百人といった方も結構いらっしゃいます。この一番の理由は明確で、「TikTokのコンテンツに延長線上にYouTubeがないから」です。

そもそもYouTubeに力を入れておらず継続的に投稿していない場合もありますが...

ここでは具体的なアカウント名を出すのは控えますが、一例としては実際に下記のようなアカウントがあります。

(1)  TikTokでは写真撮影に関するハウツーを配信しているが、YouTubeでは日常のVlogを配信している男の子

(2)  TikTokで短尺のレシピ動画を配信しているが、YouTubeでもほとんど変わらない短尺のレシピ動画を配信しているクリエイター

ではこの2つの例について簡単に解説したいと思います。

(1)の例について
まず、TikTokでこの男の子をフォローしている視聴者が求めていることを考えてみます。視聴者が求めているのは「写真撮影のノウハウ」です。決してこの男の子が好きでフォローしているわけではなく、この男の子が教えてくれる「ノウハウ」に魅力を感じているので、日常VlogのYouTubeチャンネルへはユーザーが流れません。
(2)の例について
そもそもTikTokとほとんど同じコンテンツであればわざわざTikTokのユーザーがYouTubeへ流れて観る動機はありません。TikTokの短尺レシピ動画に魅力を感じているユーザーがYouTubeチャンネルに求めることは、「短尺レシピをよりわかりやすく説明すること」ではないでしょうか。TikTokでは巻き戻しもできないので、実際に調理をしたい方には不親切です。なのでこの場合、YouTubeではレシピを詳しく解説すればユーザーが流れる動機になります。

こうして2つの例をあげると、「こんな初歩的なミスしないよ」と思いがちですが、この導線設計がうまくできていないということは往々にしてあります。特にフォロワーがある程度増えてくると、自分が人気者になったと勘違いしてしまい発信コンテンツの軸がぶれることはよくある話です。(人気者になったのは自分ではなく、自分が発信しているコンテンツです)

TIkTokユーザーの求めていることを明確にイメージし、YouTubeへの導線設計は間違えることのないように注意しましょう。

②「適切なタイミングで適切な誘導方法を取っていること」

そして、YouTubeへうまく誘導をするための2つ目の条件は「適切なタイミングで適切な誘導方法を取っていること」です。が、ここは非常に重要なので後ほど【本編】の方で解説いたします。


クリエイター視点から考えた場合、僕が思うTikTokの大きな特徴は下記の3つです。

① 獲得しているフォロワーの多さに関わらず、投稿直後に一定数のインプレッションが担保されている
② アカウント単位の評価よりも、コンテンツ単位で評価される
③ 音楽素材を豊富に使用できる

ちょっと詳しくみていきます。


①獲得しているフォロワーの多さに関わらず、投稿直後に一定数のインプレッションが担保されている

TikTokではフォロワーの多さに関わらず、一定数のインプレッション(=再生数)が担保されています。具体的な数でいくと、フォロワーが0人の状態でも少なくとも30回〜100回は必ず視聴されます。

TikTokユーザーが動画を視聴する場所の大部分が、タイムラインのおすすめ欄での視聴です。ここには、いいねが数千から数百万のバズってる投稿が主におすすめされますが、一方でそれに混じっていいねが0などのコンテンツもランダムにおすすめされます。

弱小アカウントのコンテンツが全くおすすめされないYouTubeを閉鎖的なプラットフォームとするならば、TikTokは比較的オープンなプラットフォームといえるでしょう。

つまり、TikTokで動画の再生数を伸ばすには、配信直後に最低限担保されているインプレッションの中で優れた成績を残し、TikTokにさらに多くのユーザーにおすすめしてもらうといったスパイラルに入ることが最重要となります。
(そして、TikTok側が何を基準に優れた成績と判断するか5章の分析パートで紐解いていきます)


②アカウント単位の評価よりも、コンテンツ単位で評価される

前述した通り、一定数のインプレッションが担保されているTikTokですが、逆に言うと視聴者から評価されない(=有益でない)コンテンツは全く拡散されません。

フォロワーが1万人の僕のアカウントでは、再生数が100万回、150万回まで伸びた動画がある一方で、4千回程度しか回っていない動画も複数あります。同じアカウントでも伸びる動画と伸びない動画では、その再生数に350倍以上もの差が生まれるのです。その点で、YouTubeやInstagramよりもコンテンツ単体の質がTikTokではシビアに評価されているといっていいでしょう。


③音楽素材が豊富に使用できる

TikTokの圧倒的な強みは国内外のアーティストの音源を使用できることです。TikTokでは音楽はただのBGMとして捉えるのではなく、動画を構成する大きな一要素として捉えるべきで、アカウントの成長に大きく関わってきます。おすすめの音楽の選び方についても7章で解説します。


【本編】

では、簡単な導入部分はここまでにし、ここからは僕のTikTokアカウントを公開して本編へ入っていきます。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

2 件のレビューがあります
平均スコア 4.5
桃尻先生

非常によかった!

私がやってしまったやつ。YouTubeへ導入するときのタイミングややり方、戦略が間違えていてTikTokから嫌われました。 そっか、、、なぜ私のTikTokが急に伸びなくて、そしてYouTubeへの導入がピタッととまったのかが、はっきりしました・・ やっちまっていたやつですね。。 そして、ハッシュタグにもこんな意味合いがあっただなんて、、、 分析がしっかりされています。 再生数や、いいね率、視聴維持率などをご自身の投稿で研究してその一番ヒットしやすい統計を導いておられます。 これ、研究結果、というような内容ですね。めっちゃすごい。 あ、あと、なぜ星4かといいますと、、、 ご紹介のURLリンクが間違えているものがありました。 またそちらだけ改善していただけたらと。 そういう意味も込めて星は4にしてます。 新しいYouTube番組を立ち上げる準備しているのでこちらの教えていただいたTikTok攻略マニュアルでガチやりますね。 この情報があれば、別にセミナーいかなくていいですね!
イケハヤ

貴重なTikTokノウハウです。

TikTokノウハウ系ではイチオシです!実体験にもとづくインサイトが端的にまとまっていますね。TikTok攻略の基礎はこれでかなり理解できます。

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG