TikTokerひろとのバズる【TikTok】台本テンプレート7選公開

  • 2021年8月7日
  • 2021年9月21日
  • Brain
TikTokerひろとのバズる【TikTok】台本テンプレート7選公開

TikTokerひろとのバズる【TikTok】台本テンプレート7選公開

2 件のレビューがあります
平均スコア 3.0

「SNSを伸ばしたいならTikTokから!」

一部界隈ではそう言われるほど成長を遂げたTikTok。

そんなTikTokで研究に研究を重ねた結果。

8ヶ月で40万フォロワーまで伸ばすことができた僕のTikTok台本作成術を公開します。最初は台本を作るのにかなり時間をかけてしまっていましたが、今では7つのテンプレートに当てはめて作るだけで動画をバズらせられるようになったので、時間も大幅にカットすることができました。


ではなぜそんな台本テンプレートを作ることができたのか?

それはTikTokのアルゴリズム攻略を徹底して行ったからです。

TikTokでは大きく2点。

①飽きられずに最後まで動画を見てもらえるか。(維持率)
②動画内でユーザーに様々なアクションをしてもらえるか。
(エンゲージメント)

この2つの数値が高いものほどおすすめに載りやすい仕組みになっています。

これを意識して動画を作らないとたまたま動画がバズることはあっても、意図して動画をバズらせることはできなくなってしまいます。

そして同じようなネタの動画でも文章構成、企画の構成を変えるだけで、維持率とエンゲージメントは大きく変わります。

早速次の2つを見比べてみてください。

❶食事制限も運動もいらない最強のダイエット方法。実はたった3秒でできる超簡単なダイエット方法があります。
しかもこれは幸せホルモンを分泌するのでストレスも軽減されます。
逆にこれをしないと健康を損なう可能性が上がります。
この最強のダイエット方法を知りたい人はいいねとフォローだけお願いします。
そんな最強のダイエット方法とは、”キスをすること”です。
ってことで可愛い子限定で僕とキスをしましょう。


こちらの台本が1つ目です2つ目が


❷キスのメリット3選
キスには様々な意外なメリットがあります。
今回は代表的なものを3つ紹介します。
①ダイエット効果がある
②ストレス軽減効果がある。
③アンチエイチング効果がある。
ぜひみんなもいっぱいキスをしよう。


どちらもほぼ同じ内容の動画を上げていますが、これをTikTok上で上げると再生回数に大きな差がでます。

どちらの方が再生回数が伸びそうか考えてみてください。



答えはでましたか?

恐らく❶の方が3倍以上再生回数が伸び、フォロワー増加率(フォロワー増加数/再生回数)も2倍以上❶の方が高いでしょう。

これは維持率とエンゲージメントが上がる台本設計、ファン化の台本設計がされているからです。

しかし何もこれは特殊な技術が必要なわけではありません。

実は❶は僕が考案した台本テンプレートに当てはめて台本を作っただけなんです。

「キス」というテーマを考えついてからは、作成までに2分もかかっていません。

テンプレートがあるだけでバズりやすくなるだけでなく台本を作り出す速度も2倍以上になるんです。

しかしこのテンプレを作るまでは苦労しました。

TikTokのアルゴリズムを攻略するだけでなくそれを検証するための膨大なデータが必要だったからです。

(始めに言っておきますがこの台本は”どんな言葉を当てはめてもバズるという言ったような魔法の台本ではありません。経験値や発信内容で得られる効果は変わります。そしてテーマによって使いにくいテンプレもあるので1番使いやすいものを使ってください。)

しかし複数アカウントの運用、多くの人のインサイト共有などをしてもらった結果7つのバズるテンプレートを開発することができました。

「え、7つ?1個あればいいんじゃないですか?」と思ったかもしれませんが、

1つだと

①ユーザーの飽きが早くくる。
②アルゴリズムが変わった時にそのテンプレと相性が合わないとバズる投稿が作れなくなってしまう。

こういった弊害が出てしまいます。

さらに今回紹介する7つのテンプレート。

それぞれできることも違います。

①簡単に作れる。
②視聴維持率が爆伸びする。
③アンチが増えない
④ハマると再生回数が爆伸びする。
⑤ファン化とバズの両立向き。
⑥ファン化に特化した台本⑴
⑦ファン化に特化した台本⑵
(⑴,⑵は自分のキャラクター性にあった方をお選び下さい。)

作成難易度も1〜5で設定しています。なのでぜひ自分の発信内容と相性の良いもの。そして今の自分のアカウントに必要そうなものをご利用ください。

ではまず1つ目のテンプレートが

①興味付け→ベネフィット・避けたい欲→CTA→結論(→オチ) (作成難易度1)

ちなみにこれは先ほどの「キスの台本」で使ったテンプレートです。

「キスの台本」のどこがこのテンレプートどれにに当てはまるか説明していきます。

❶食事制限も運動もいらない最強のダイエット方法。実はたった3秒でできる超簡単なダイエット方法があります。(興味付け)
しかもこれは幸せホルモンを分泌するのでストレスも軽減されます。(ベネフィット)
逆にこれをしないと健康を損なう可能性が上がります。(避けたい欲)
この最強のダイエット方法を知りたい人はいいねとフォローだけお願いします。(CTA)
そんな最強のダイエット方法とは。”キスをすること”です。(結論)
ってことで可愛い子限定で僕とキスをしましょう。(オチ)

まず最初の「興味付け」でユーザーが動画をスクロールしてしまうのを防ぎます。

次に「ベネフィット・避けたい欲」で動画を最後まで見させたくします。(ベネフィット=得たい未来という意味です。その動画を見るメリットを伝えるイメージです。対して避けたい欲はその動画を見ないことによるデメリットを伝えるイメージです。)

このメリットとデメリットを伝えて動画に引き込んだ後にCTA(いいねやフォローやシェア)をユーザーに促します。

このCTAを動画の最後にやってしまうと結論を聞いてすぐスクロールしてしまうユーザーによって視聴維持率を下げられてしまう可能性があるので、必ず結論の前に誘導します。

そしてその後結論を話します。さらにここでおすすめの結論の作り方も教えておきます。TikTok受けする結論の4つバリエーションも紹介しておきます。

①たった一つの〇〇

(キスの台本がこれに該当します。ダイエット法→「キスです」という具合でたった1つの〇〇の〇〇の部分がキスに当たります。)

②TOP○(ランキング形式)

今回紹介した台本では「キス」と1つだけのパターンでしたがこの部分をランキング形式に変えます。わかりやすく説明すると、「楽に痩せられる方法トップ5」のような感じで、興味付けした後、同じように「ベネフィット・避けたい欲」→CTAを話し、結論の部分で「第5位〇〇、第4位〇〇、第3位〇〇、第2位〇〇、第1位キス」のようにランキングを話します。

多くの人は第5位を聞いた段階で第1位まで動画を見てしまいます。人には中途半端な状態で終わらせたくないという心理があるんです。(ちなみにこれを心理学用語でツァイガルニック効果と言います。)

「たった1つの」よりも動画の尺が長くなるというのがメリットでもありデメリットでもあるので、ベネフィット・避けたい欲の使い方がうまい人ほど効果を得られます。

③○選

こちらもほぼランキング形式と同じです。

「トップ〇」の部分を「○選」に変え、ランキングの部分を「第5位、第4位…」から「1つ目、2つ目…」に変えるだけです。

④〇〇診断(テスト、クイズ)

こちらも「興味付け〜CTA」までは同じです。結論の部分でユーザーに質問を投げかけます。(テクニックですが、選択肢のある質問の方がユーザーの参加率を高めます。)

「ランキングや○選」同様こちらも質問の投げかけをしてしまえば、基本的には続きが気になり、最後まで動画を見てもらいやすくなります。

この4つがTikTokのアルゴリズム上、バズりやすい結論のパターンです。


で、結論を伝えた後。最後がオチです。オチがあることでユーザーからのエンゲージメントが高められます。人が物事の良し悪しを決めるのは「ピークと終わり」だと言われています。

これは映画だろうが、アニメだろうがTikTokの動画だろうが同じです。(心理学用語でピークエンドの法則と言います。)

最後に最高のオチを用意しておくことでコメントやいいね、シェアやフォローをより多く促せます。



②興味付け→ベネフィット・避けたい欲→伏線→CTA→結論→伏線に繋がるオチ(作成難易度2)

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

2 件のレビューがあります
平均スコア 3.0
なっつ

値段の方が高い

再現性のあるノウハウかとは思いますが、19800円は高すぎると感じました。
さとやん

ありがとうございます!

いつもお世話になっています! 勉強になりました‍♂️ これからもTikTokを研究していきます! ありがとうございます!!

この記事を購入する

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG